駄目な父親の1人

Fotor_147696659485145.jpg

あくまでも僕の事です

子供は、男の子だったら

父親を見て真似し、なにかを教わる。

父親は決して怒らない人間だった

一方、うちの母親は、

僕が物思いついた頃から、

頭がおかしいと思っていた。

お婆ちゃんが生前の時、

話してくれたが、

言うことを聞かないどうしようも

ない娘だったらしい。

この性格は、今でも変わらず、

悪いことしても全然認めようとしない。

近所の評判も悪かっただろう。

怒らない父親であったが

とても、ひ弱に思った。

たぶん求婚は母のほうだろう。

母親からラブレターをもらったとか、聞いたことがある

父親は男前とよく言われていた。

義理の兄の紹介の会社で

社内恋愛の果てである

家は、お爺さんが建てた。

義理の兄の土地に

父親は、仕事も家も嫁さんも

周りから提供された。

現代、就職難、結婚難、家が高い時代

父親は当時、苦労していないし、

自力で何かをしてきた人間ではない。

皮肉るとボンボンである

僕は長男で、子供の頃

よく、川釣りに、連れてかれた。

僕の気持ち関係なくである。

行けば、やるしかなかった。

たまに、将棋とかして僕が負ける

と泣くのを馬鹿にした。

父親はプロ野球が好きで、

中学生の頃、ピッチャーだったと

よく自慢した。

そうには見えなかった。

今でも、思い出すのだが、

休日、少年野球を2人で見学に行った。

父親は僕にやらせたかったのか?

それとも僕が嫌がったのか?

分からない。

というか、決めれなかった。

当然のことだ!

知らない世界ヘ行くのに、

義務教育以外の事を

子供が決められる訳がない

僕も野球は好きだった。

周りで少年野球のチームに入って

いた友達が羨ましく見えた。

あと、父親は自分で絵が上手と、自慢した。

夏休みの

僕の絵の宿題に対して修正を施す始末、

やめて!と言ってもやめない

提出してバレバレだった。

よくパチンコも行ってたらしい

その点、母親は、習字や塾、水泳に通わせた。

母親が無理やりだったが、

通い続けたし、嫌いではなかった。

ここは、やはり、母親で、

子供の事を心配している

母親の性格が嫌だったが、自然と

僕がその性格を出してしまうことがある。

あとあと、母親と同じだな?

と気がつく事が結構あった。

土地を貸してくれている親戚が、

良く家に来ていた。母親はご機嫌取り

自分の土地だから、気になるし

将来の話もあるからだろう。

僕の就職は東京で社員寮で暮らす事になった。

土日は、帰省した。

ある時、父親が建売を見つけて、見に行った。

僕がまだ20歳ちょっと過ぎのときである。

新しい2階建ての家を見せられて、とても良かった

2世代ローンなら何とかなる

というので買うことにした

普通のサラリーマンだった父親

見つけた当時は、もっとも高かった時代

しかしこの家は、周りから評判が良くなかった。

現に昔の家より狭かったのである。

僕は単身赴任してたので気にしてなかったんだが、

母親は後悔し、始めた。

息子にローンを組ませた事についても

今でも覚えているが、

父親の言った言葉

[俺が定年になったら、

少し小遣いくれ]

ローンを組ませた上、小遣いをくれだとか、

自分の事しか考えていない。

たまに言ってくる事があるが、

パチンコで無いのなら知るか!と言い返している
父親とは、進学、就職の話をした記憶がない。

[彼女いないのか?

結婚する気あるのか?]

そんなことを今まで、

言った事が一度もない。

本心は何を考えているのか?

わからないが

そもそも、

魚釣りが好きな人って自慢好きな人が多い。

言い過ぎだが、ダメな母親よりも

ダメな父親のが多い

釣りは好きなのかどうかわかりませんが、

釣りキチ三平は大好きです😉







広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中